ハワイ島観光!ぜひレンタカーで行きたいおすすめ観光スポット13選【後編】

ハワイの観光編

アローハ🤙

ハワイ好きすぎて何度もリピートしているRayです♪

ハワイ島といえば、オプショナルツアーって思う方多いと思いますが、オアフ島と違って交通量がそもそも少ないし道路も複雑ではないのでレンタカー がおすすめです。
なんてったって時間の自由度がレンタカーでのドライブにありますからね☆

今回は前の記事、ハワイ島観光!レンタカーでぜひ行きたい観光スポット13選!の【後編】をお届けします。

その前に・・
ハワイ島の地図の用意を!

今どき地図なんて・・ナビがあるから大丈夫だけど・・日本語じゃなかったらどうしよう!
そんな時は日本語の地図付きガイドブックを持っておけば安心♪
『でも、ガイドブックって結構重くてかさばるからはっきり言って邪魔かも・・』

今は、スマホでいつでも見ることのできる 電子書籍版のガイドブックがあるから心配無用です! しかも価格も通常のガイドブックよりも断然安くてお得!

参考⇨ハワイ島をレンタカーでまわるなら必須!エイ出版社の1冊丸ごとハワイ島 完全版はこちら

エイ出版社の実用ムック 1冊丸ごとハワイ島 完全版

ハワイ島をレンタカーで行くおすすめ観光地〜後編〜

せっかくレンタカーを借りたので、ツアーではいけない、レンタカーならではの穴場スポットにも行って見たいですよね♪

ハワイ島ドライブは日が落ちるととても暗くなります。天体観測をしている関係から街路灯なども大きく制限され真っ暗になるので、時間に余裕を持って明るいうちにホテルに戻る事をおすすめします!

※マウナケア山の星空観測についてはレンタカーで行くには保険の対象外だったり坂がきつく危険なのでここでは紹介しませんのであしからず。

9.コナ・ブリューイング・カンパニー

ハワイ島にはLONGBORDやBIG WAVEなどの美味しい地ビールの工場があるんですよ〜♪
敷地内にはレストラン・パブも併設されていてディナーだけではなくランチも楽しめるというなんとも嬉しい場所。

ハワイの地ビールはオアフ島のレストランはもちろん、スーパーなどでも手に入るので飲んだことがある!って方は多いとですよね。ほんのり香るフレーバに私は完全にノックアウトされましたけど^^;

ここのビール工場では、ビールが生産される工程や様子、ビールの試飲とお土産付きのツアーを毎日開催していて、工場限定や期間限定、特別なレストランでしか味わうことのできない銘柄を提供してくるようです。

ツアーは10:30〜、15:00〜1日2回開催されています。
ツアーに参加するにはコナブリュワリー公式サイトまたはブリュワリーへ直接電話(808-334-2739)での予約が必要です。ハワイ島に着いてから電話でもいいですね。

くれぐれもハンドルキーパーの方がいる場合のみお願いしますね^^;

コナ・ブリューイング・カンパニー

レストラン営業時間:【平日】11:00〜21:00、【金・土】11:00〜22:00
工場見学ツアー:毎日10:30〜、15:00〜
アクセス:コナ空港から車で約25分。カイルアコナ方面へ19号線を南下しコナ・コモンズ・ショッピング・センターを過ぎ次の交差点Big Island Diversを右折。
住所:745612 Pawai Pl, Kailua, HI 96740

10.プナルウ黒砂海岸 ブラック・サンド・ビーチ


ハワイ島のビーチは溶岩の砕けた黒砂が多いのが特徴です。
白砂のエメレルドグリーンとは違い海の色が深いブルー!黒い溶岩の岩に波しぶき!雄々しさを感じてしまいますが、それはそれでハッとする美しさなんです。

島内観光のオプショナルツアーでは必ずと言っていいほど下車ポイントになっているので観光客も多めですね。
レンタカーで行く場合はキラウエア火山国立公園へのスケジュールを立て行く途中や帰り道に寄るといいかもしれません。

駐車場からビーチに出るとゴツゴツした岩場のあたりにホヌ(ウミガメ)の姿を見ることができますが、近づき過ぎたり触れたりしないよう注意喚起の札が立っています(5〜6m以上離れること。もちろん石を投げつけたりしてはいけません!)。 午前中は食事のため砂浜には上がって来ないので遭遇するには午後がオススメ!お昼寝や日向ぼっこするホヌさんに会えるかもです。

プナルウ黒砂海岸

場所:Ninole Loop Rd, Naalehu, HI 96772
カイルアコナからは車でおよそ1時間40分、ヒロからは1時間10分ほど。

ここプナルウ黒砂海岸はウミガメを見ることができるので有名で遭遇率も高め。

11.パーカー牧場

ハワイ島のワイメア地域にあるパーカー牧場は13万エーカーで、全米でも随一に広さを誇り、その広さはハワイ島の1/10、東京都の1.5倍もの広さというから驚きですよね。

マウナケア山の麓一帯に広がっていて19000頭もの牛が放牧されていて、パニオロという呼ばれるハワイ語のカウボーイが仕事をしています。

その広々した牧場は1840年代にカメハメハ大王の側近だったジョン・パーカー氏がハワイ島を荒らす牛たちを集めて放牧し牧畜をしたそうです。

牧場内のビジターセンターには昔の牧畜の道具など歴史のわかる展示物があったり、
近くにはパーカーランチセンターというショッピングセンターがあり、ハワイ島観光の際には必ずと言って立ち寄る場所にもなっています。

このショッピングセンターではフードコートはもちろん、牧場のオリジナルグッズやお土産品が販売されいて、本物のパニオログッズが手に入るとあってカウボーイ好きの人にはたまらない魅力ですよね♪
フードコートのバーガーランチのハンバーガーが絶品で美味しいと評判ですし、オーガニックのハニーも大人気!

ここでしか手に入らないお土産品もゲットできるチャンスなので島内観光の際はぜひ立ち寄ってみてくださいね。

→パーカーランチ公式HP

スポンサーリンク




12.オーラの洞窟

 

この投稿をInstagramで見る

 

strollerさん(@stroller7000)がシェアした投稿


ハワイ島にはマナの強い霊力が宿っているとされていますが、ここマウナラニは世界三大パワースポットとして有名で、自分のオーラが見える洞窟があるんですよ。

マウナラニは古代から神聖な場所として王族が暮らしていた地域ですが、今は一大リゾート地として開発され観光客が多いところ。

このオーラの洞窟はマウナラニリゾートエリアの「カラフイプアア・ヒストリック・パーク」内にあって洞窟の奥には外から太陽の光が差し込む場所があり、そこで写真をとるとその人固有のオーラが見える!というもの。
オーラは人それぞれ違うらしく様々な色が浮かび上がるそう。

この公園にはフィッシュボンド(魚の養殖池)もあり緑豊かなオアシスとしてとても気持ちいい場所。またフィッシュボンドの向こう側のビーチへも抜けられるとあって時間があればビーチでも遊んで来れますよ。

子連れでものんびりハイキングがてらオーラの洞窟を見るのもオススメです。

オーラの洞窟

場所:カラフイプアア・ヒストリック・パークWaimea, HI 96743

13.ファーマーズマーケット

[gazou] ハワイ島でもファーマーズマーケットは盛んで、コナ地域、ヒロ地域の他にも開催されています。
現地の農家さんが育てた農作物を持ち寄って販売するファーマーズマーケットはロコならではのなかなか手に入りにくい品物が買えるのでとても人気があります。

  • ヒロ・ファーマーズマーケット

ヒロのダウンタウンで毎日開催され、地元の野菜やトロピカルフルーツ、手作りのパンやジャムなど30あまりの店舗が並び賑わっています。
特に水曜・土曜は200店舗の出店がありいつもより1時間早く開催され品数も豊富に!手作りジュースやフードもお楽しみの1つですよね♪

ヒロ・ファーマーズマーケット

場所:Corner of Kamehameha Ave and Mamo St., Hilo
時間:日曜〜火曜・木曜〜金曜/7:00~16:00、水曜・土曜/6:00~16:00
WEBサイト
  • コナ・ファーマーズマーケット

こちらはカイルア・コナで開かれているファーマーズマーケット。
15店舗と数は少なめですがいつも観光客で賑わっています。
観光客が多いこともあってホテルで手をかけずに食べられるものが多く売っているのと工芸品などのお土産品、フラのお衣装を売っているお店も!

コナ・ファーマーズマーケット

場所:75-5769 Alii Drive, Kailua Kona
時間:水曜〜日曜 7:00〜16:00
WEBサイト


本当はマウナロアコアの並木やハカラウの鉄橋も紹介したかったのですが、

  • マウナロアは一般的なレンタカーではいけない(保険対象外や4WD)こともあり省かせていただきました。
  • ハカラウの鉄橋は現在鉄橋下のビーチパークへの立ち入りが禁止されているのでこちらも省かせていただきました。

まとめ(滞在先によってまわる観光地を厳選しよう)

ハワイ島は Bigislandと言われるように本当に広い島。

しかも、大きな火山や山があるので、街中のドライブとは違ってきます。
天文観測所があることから、島内は暗くなると街灯をセーブしてることもあって道路は真っ暗!
知らない道を(たとえ知っていても)街灯のない大自然の中のドライブはとての危険が伴ってくるもの。

1日ドライブを予定するということは、「移動距離と時間がかかる」ことなので、可能な限り朝早く出かけて暗くなる前にはホテルに戻ってくるのがベストですよね。

時間に余裕を持つことはもちろん、トイレ休憩できる場所の下調べ、ガソリンスタンドのある場所、ドリンク類の調達とか必要になってきそう。

ドライブの計画を立てるときはあまり欲張らず目的地をピンポイントで決めて見てまわるのがいいと思います。
あちこちまわるとどうしても時間がかかるし、オプショナルツアーと組み合わせてじっくり見たいところだけレンタカーを使うとかね。

ネットの情報、地図、ガイドブックの準備などしっかり下調べをして快適なドライブを楽しみたいですね。

参考⇨ハワイ島をレンタカーでまわるなら必須!エイ出版社の1冊丸ごとハワイ島 完全版はこちら

ではまた

マハロ🌺

スポンサーリンク