ハワイ島観光!ぜひレンタカーで行きたいおすすめ観光スポット13選!【前編】

ハワイの観光編

アローハ🤙

ハワイ好きすぎて何度もリピートしているRayです♪

ハワイ島といえば、オプショナルツアーって思う方多いと思いますが、オアフ島と違って交通量がそもそも少ないし道路も複雑ではないのでレンタカー がおすすめです。
なんてったって時間の自由度がレンタカーでのドライブにありますからね☆

そこで今回はハワイ島をレンタカーで行くおすすめの観光地13ヶ所を紹介します!

結構ボリュームあるので【前編】と【後編】の2回に分けて紹介しますね^^

おっとその前に・・
レンタカーを借りたらナビ設定を!

ナビが標準装備されていたとしても日本語表示でなかったらどうしよう?
そんな時は日本語の地図付きガイドブックを持っておけば安心♪
『でも、ガイドブックって結構重くてかさばるからはっきり言って邪魔だな・・』

今は、スマホでいつでも見ることのできる 電子書籍版のガイドブックがあるから心配無用! しかも価格も通常のガイドブックよりも断然安くてお得!

参考⇨ハワイ島をレンタカーでまわるなら必須!エイ出版社の1冊丸ごとハワイ島 完全版はこちら

エイ出版社の実用ムック 1冊丸ごとハワイ島 完全版

ハワイ島をレンタカーで行く!おすすめ観光地

HIS人気都市MAPより

大自然に恵まれたハワイ島には数々の神秘的なスポットや火山、海底からの高さ世界一を誇るマウナケア山、溶岩が溶けて砂となってできた黒砂海岸など、オアフ島とはひと味もふた味も違った顔を見せるハワイ島。

せっかくレンタカーを借りたのでツアーでは行くことのないハワイ島の穴場も紹介しますね。

ハワイ島ドライブは日が落ちるととても暗くなります。天体観測をしている関係から街路灯なども大きく制限され真っ暗になるので、時間に余裕を持って明るいうちにホテルに戻る事をおすすめします!


※マウナケア山の星空観測についてはレンタカーで行くには保険の対象外だったり坂がきつく危険なのでここでは紹介しませんのであしからず。

スポンサーリンク




1.キラウエア火山(ハワイ火山国立公園)


ハワイで唯一世界遺産に登録されているキラウエア火山国立公園は、広大なハワイ島で一番人気の観光地と言えます。
2018年5月に噴火をし立入禁止区域となっていましたが2018年9月22日に一部開園し現在では噴火前の80%アクセス可能となりました。

見所は
・キラウエアビジターセンター
・ハレマウマウ・クレーター
・キラウエア・イキ展望台
・スチームベント

2018年の噴火により、ますます拡大したハレマウマウ火口は夕方以降の少し暗くなってくると、まるで生きてるかのごとく真っ赤な溶岩が流れる様子や、あちらこちらから吹き出る水蒸気を見ることができます。

つい先日のニュースで、柵を乗り越えた観光客が誤って転落死してしまうという痛ましい事故がありました。

ハワイ火山国立公園内は、道路もひび割れしている箇所が残っていたりもしますので、細心の注意を払って行動してください。

またレンタカー会社によっては保険適応外の区域がありますので借りる際には注意事項の確認を忘れずに。
参考⇨ハワイ火山国立公園最新情報(2月19日更新)


キラウエア火山国立公園

入園料:
車1台:25ドル(7日間有効)
徒歩または自転車1名:12ドル(7日間有効)
バイク1台:20ドル(7日間有効)
WEBサイト:キラウエア火山国立公園公式HP
公園内のインフォメーション・駐車場情報あり

アクセス:
ヒロ国際空港から車で約40分、11号線(ハワイ・ベルト・ロード)を道なりに南下すると入口に到着。

カイルア・コナから車で約2時間半から3時間。Mamalahapaハイウェイを南東に進む南回りに約150キロ。

2.ワイピオ渓谷

古くから王族たちがすみ”王の谷”と言われるワイピオはマナの霊力が強く宿るハワイ島のパワースポットです。
断崖絶壁で囲まれたワイピオ渓谷は水の浸食により作られた場所。駐車場近くにある展望台からの眺めは息をのむほどの美しさでハワイ島随一の美しい景色です。

渓谷を下る道は整備されてありますが、斜度が25度もあってレンタカーは保険適応外!
でも、渓谷の下のビーチはもちろん、下からしか見えない”ヒイラヴェ滝” ”カルアヒネ滝”は一見の価値あり。

  • ヒイラヴェ滝は落差 1,200フィート(390m)周囲はぐるりと断崖に囲まれた美しい滝ですが、たどり着くのには険しい道無き道をいかなければならず非常に困難なことから遠くから眺めるだけにしたほうがよさそう。
  • カルアヒネ滝は映画ウォーターワールドのロケ地としても知られていますよね。
    ビーチへ向かう海岸線の途中にあって岩がゴツゴツしてはいるもののすぐ近くまで行くことが可能。
    水しぶきがとても気持ちよくマイナスイオンをたっぷり浴びることができとても癒されますよ。

展望台からの景色だけではもったいないというかたは、ぜひ、オプショナルツアーを利用して欲しいです。
近くのワイピオバレーアートワークス集合のツアーがいくつかあるのでぜひ渓谷の下をシャトルバンでまわるツアーやのんびり馬でまわるツアーなどがオススメです。

お子様がいる場合はシャトルバンのツアーを利用するといいですし、8歳以上のお子様であれば馬でまわるツアーにも参加可能ですよ。
参考⇨現地集合のワイピオ渓谷のオプショナルツアーを見る


ワイピオ渓谷展望台へのアクセス
ルート19号から240号へ入り、ホノカアの町を過ぎる。
240号の突き当たりがワイピオ渓谷の展望台。
ヒロからは車で約1.5~2時間、コナからは約2~2.5時間。

3.アカカの滝

アカカフォールズ公式サイトより

アカカ滝州立公園にあるアカカの滝へは幼児も一緒にハイキングのできるトレイルで、コースは全長約 800 メートル、所要時間も30〜50分なので家族づれのハイキングにもおすすめ。

コースはループ状になっていて、
もう1つの小さな滝 “カフナ滝”も見ることが可能!

  • ”カフナ滝”を見ながら回る反時計回りコース
  • ”アカカ滝”を見てから”カフナ滝”をまわる時計回りコース
  • “アカカ滝”だけを見てそのまま来た道を戻るコース

    この3通りからお好きなルートを選んでくださいね。アカカ滝は落差が約134メートルあり、この辺りは雨が多く水の量が多いので見応えがあります。
    鬱蒼とした、まるでジャングルを思わせるトレイルで、大きなバナナの木やモンステラ、ホワイトジンジャーなどが生い茂り、五感からハワイの大自然を味わうことができますよ。また、この辺りは雨が降ったりアツい太陽が照りつけたり、それに蚊も多いので虫除けスプレーと雨具の準備をお忘れなく!地面にはキラキラ光るガラス状のかけらや線状のかけらが、、これは火山の神”ペレの涙””ペレの髪”とも言われています。くれぐれも持ち帰らないでくださいね。

    アカカ滝

    ヒロ空港から車で約30分
    ハイウェイ19号線を北上しホノムの街方面へ左折し220号線を6キロほど進むと終点アカカ滝。
    入場料:
    車:$5.00/1台
    または(ここが悩ましい^^;)
    人:$1.00/1人

4.コハラコーストのピンクサンセット

ハワイ島の西海岸では、ビーチに太陽が落ちるサンセットが美しいのはいうまでもないのですが、ここコハラコーストではピンク色のロマンチックなサンセットが見れることで有名です。

コナ空港から車で30分のところに位置するコハラコースとは、一流ホテルや高級レストラン、名だたるゴルフ場などがある高級リゾート。

  • A-bay(アナエホオマルベイ)通称A-ベイはワイコロアビーチマリオットリゾートの目の前、ヒルトンワイコロアビーチリゾートからは歩いて20分ほど。
    お散歩がてらクイーンズマーケットに買い出しついでにA-ベイでピンクの夕日を見る・・なんてロマンチックなひと時を過ごすのもいいですよね♡※ヒルトンワイコロアからは無料のシャトル(行き)が出ているので利用するといいです♪コナ空港、カイルアコナからは19号線を北上し、クイーンズマーケット方面に左折しワイコロアビーチマリオットリゾートに入ります。道なりに進むと無料駐車場があるのでそこに車を停めて徒歩で10分くらい。上の画像のようにビーチ沿いの池フィッシュボンド越しに見るサンセットは感動して涙が出るかも!
  • ビーチ69(ワイアレアビーチ)通称ビーチ69で親しまれているワイアレアビーチはワイコロアリゾートよりもう少し北側、19号線を北上しハプナビーチへのオールド・プアコ・ロードへ入るとビーチが見えてきます。
    電柱に番号がついているので[71番]を目印に駐車場を探すとそこがビーチ69!
    こじんまりとしたビーチでは息をのむような美しいサンセットを見ることができます。

5.A-bay(アナエホオマルベイ)


ピンクのサンセットでも有名なA-ベイは、景色を楽しむだけではなくウミガメに出会えることでも知られているんですよ。

プナルウのブラックサンドビーチと並んでここでのウミガメ遭遇率は高い!
コナ地域に滞在してるならわざわざプナルウまで行かなくてもいいかもしれません・・。

晴れた日の午後の時間帯に駐車場からビーチへ出て左側へ進むとお昼寝中のウミガメに会える可能性大です♪

それから、ここはシュノーケリングもおすすめ!
わざわざツアーに参加しなくても色とりどりの魚を見ることができますし、ギアのレンタルショップもあるのでお試しあれ。
ただし、ハナウマ湾のようにサンゴ礁の海域ではないのであまり期待しちゃいけませんけど・・ネ。

スポンサーリンク




6.クイーンズマーケットプレイス

A-ベイに行くのと同じ19号線から入るとワイコロアリゾートの手前にあり、ハワイ島らしく少しカジュアルでおしゃれなブティックやギャラリー、お土産品、レストランやフードコート、地元の食材、日本の食材が揃うスーパーマーケット、さらには、なんと映画館までがあるショッピングモール。

毎週ハラウによるフラショーやポリネシアンダンス、ハワイアンキルトの無料レッスンなどのイベントも開催されてハワイならではの文化も堪能できます。

中でもアイランド・グルメ・マーケットはコンドミニアムに滞在している方々の食材買い出しにうってつけで、特に日本の食材が手に入ることからとても重宝します。
ホテルに滞在していても朝食の買い出しや部屋飲みのビールやワイン、チーズなどのおつまみなど品揃えも絶品で見てるだけでも楽しくなりますからぜひお店に立ち寄ってくださいね。

そうそう!店内ではワインのテイスティングも行われていますよ♪

7.コーヒー農園

ハワイ島のオプショナルツアーでも大人気のコーヒー農園。
コーヒー好きさんにはぜひお訪れてほしいところ。
ホルアロア地域にある多くのコーヒー農園から今回は私の中で?王道の3ヶ所を!

  • UCCハワイコナコーヒー・エステート 直営農園
    日本のUCCさんの直営農園でアクセスしやすい場所にあります。試飲はもちろん農園内を散策もでき、有料ではあるものの自分だけのオリジナルパッケージが作れる大人気の焙煎ツアーもあり!
    UCCハワイ
  • グリーンウェル・ファームズ
    キャプテンクックにあるこのコーヒー園は王道中の王道!樹齢120年ものコーヒーの木があったり日本へのコーヒーの輸出量もとても多いとのこと。外国人観光客が多いのも特徴。
    グリーンウェル・ファームズ
  • Pine Village small Farm 村松小農園
    日本人のご夫妻が無農薬、有機栽培にこだわりを持って運営されてるこじんまりしたコーヒー農園。村松小農園コナ国際空港から約30分のところにあるホルアロアの街は山側ににあるとても雰囲気のいい街で、コーヒーベルトと呼ばれる180号線、190号線沿いには多くのコーヒー園があり、また、アートギャラリーも多くアーティストの街とも呼ばれています。
    レンタカーなら午前中にコーヒー園をまわってからこのホルアロアの街を散策して雰囲気のあるカフェでランチするのもおすすめですよ。

 

8.ビッグアイランドキャンディ工場見学

ハワイのお土産といえば、ビッグアイランドのキャンディかホノルルクッキーカンパニーのクッキーか?
両方とも美味しくて悩んじゃいますよね。
今でこそオアフ島のアラモアナセンター 内のビッグアイランドのお店で買うことができますが、ほんの数年前まではハワイ島のここでしか買えななかったんです。

ビッグアイランドの”キャンディ”は”キャンディ”というと日本では飴を思い浮かべますが、アメリカではチョコやクッキーなどのスイーツのことを”キャンディ”と呼び分ですよね。

入り口を入るとさっそく試食のおすすめとコーヒーのサービスがあるのでいただいちゃいましょう!

広く明るい店内にはガラス張りのコーナーがあり、ひとつひとつ丁寧にクッキーを作る行程を見学することができます。

カラフルにパッケージされたクッキーやショートブレッド、ブラウニーが並んでいてどれを買うか迷ってしまうほど♡

また、ここでしか買えない、オリジナルのロゴデザインのTシャツやキャップなどもお土産に最適。

ここで絶対に食べて欲しいものがアイスクリーム!ショートブレッドを敷き詰めた上にアイスクリームがのっていてブラウニーがトッピング!
ヒロ本店でしか食べれないのでぜひお試しあれ〜♪

ヒロからレンタカー走らせて5分程で行けるのでぜひ立ち寄って見て欲しいです。

ビッグアイランドキャンディ工場

Flagship Factory Gift Shop
585 Hinano St.Hilo, HI. 96720
電話:1-800-935-5510 (U.S. & Canada)
アクセス:ヒロからレンタカーで約5分

レンタカーで行きたいおすすめ観光地13選!【前編】まとめ

今回はハワイ島の観光地【前編】ということで8ヶ所ご紹介しました。
ハワイ島はその名の通りBigisland!
日本の四国の半分ほどの広さがあり最初の地図にもあるように島の西側のコナからからヒロまでは島の海岸線に沿ってぐるりとまわるか、サドルロードを通ってマウナケア山の麓を通るか、いずれ2時間〜くらいのドライブになりそう。

せっかくレンタカーを借りたのですから効率よく周りたいですよね。
【後編】では残りの5ヶ所とシチュエーションごとに1日で周るモデルコースをご紹介します。

ハワイ島に行くならこちらもおすすめ!スマホでいつでも見ることのできる 電子書籍版のガイドブック価格も通常のガイドブックよりも断然安くてお得!

参考⇨ハワイ島をレンタカーでまわるなら必須!エイ出版社の1冊丸ごとハワイ島 完全版はこちら

エイ出版社の実用ムック 1冊丸ごとハワイ島 完全版

では素敵なドライブを!

マハロ🌺

関連記事

ハワイ島をドライブ!レンタカー料金の相場、あなたにピッタリの車種は?

 


スポンサーリンク