ハワイ「ペレの椅子」体験記!詳しい行き方とおすすめツアーも!

ハワイの観光編

アローハ🤙

ハワイ大好きなRayです♪

ハワイは島全体がマナ(霊力)が宿るパワースポットと言われてますが

本当にハワイに降り立った瞬間から空気感が違いますよね。
花の香りに癒され
波の音に癒され、
夕日に癒され、

ゆったりとした時が流れ、ここを離れたくない、またここに来たい。。

そう思うのは偶然でも、たまたまでもなくマナのパワーがそうさせるのだと思います。

オアフ島に数ある有名なパワースポットの中でも強いマナが宿り、火山の神、火の神 ”ペレ” が座ったとされる岩 ”ペレの椅子”

ハワイ在住の娘が実際におとずれてきました。

 

スポンサーリンク




 

ペレの椅子へバスで行って来ました

ハワイに来てからずーっと気になっていた
“ペレの椅子”

今年はハワイ島のキラウエア火山が噴火したこともあってか “ペレ” が作ったとされるハワイ諸島にまさか自分がオアフ島に渡ることになるとは思いもしなかった。

このご縁は偶然ではなくきっと必然の引き寄せなのだと。
ペレに導かれるようにどうしても”ペレの椅子” に行きたい!

でも1人で来るにはやはり心もとないし、ペレが”嫉妬深い”ことも知っていたので

ずっとチャンスが来るのを待ってました。

偶然フラのレッスンで知り合ったHちゃんから誘われてやっと会いに行くことに。

マカプウトレイルの入り口の看板を超えたところから右側の小道を下って行きます。
アスファルトで舗装されたトレイルとは違って溶岩が砕けたような砂利道が続くので、
ビーチサンダルではちょっと厳しいみたい。

ビーチがあるらしいのでビーチサンダルと迷いましたが、スニーカーを履いて来て正解!

ゆっくり楽しみながら10分ほど道なりに歩くと

ペレの椅子が見えて来ました^^
そして、なんとなく分かれ道っぽいところが!!

ここを右側に降りて行くと小さなビーチ(クイーンズ・ビーチ)につきます。

ちょうど横から見上げる感じですが、岩が椅子の形に見えますよね。

浅瀬なので水遊びしたい衝動に駆られましたが、ここはガマン、目的地は目の前!

 

さっきの分かれ道みたいなところまで戻ってペレの椅子を目指します!
ちょっと崖っぽいですが大丈夫!

じゃーーん!

ペレの椅子です!
近くで見るとものすごい大きくて、、それもそのはず約10メートルほどの高さがあるのですから。

ちょうど椅子の背中、後ろ側ですけど、、^^;

やっと来たーー!
その感動に浸りながら

自然と神聖な気持ちになりペレのパワーを感じて来ます。
私は、心の中でハワイでの生活と仕事をさせていただく事を報告しました。

友人のHちゃんもハワイで新しい仕事を立ち上げるのでその報告をしたようです。

すると、ペレが “よく来たね”と頬を撫でるように暖かい風がまとわりつきました。
実際にはけっこうつよい風が吹いてますけど、この時はそんな感じがしました^^

嫉妬深い怖い女神と言われてますが、それは情熱的で深い愛があるからこそ!

 

周りを見渡すと、、


大きい方がウサギに似てるからとラビットアイランドと呼ばれていますが、正式にはマナナアイランド。

手前のはカメが甲羅干ししている姿に似ていることからタートル・アイランドの名が。正式名称はカオヒカイプアイランド。
その沖合にはモロカイ島がうっすら見えるかも!


先ほどの小さなクイーンズビーチの向こうにはココヘッド。

ここでの注意点

ここは神聖な場所で強いマナ(霊力)が宿る岩です。

この岩を登ったり、石や岩を動かしたり、持ち帰ってもいけません。
ふざけた気持ちで記念写真撮影などをしてもいけません。

この時岩を登る日本人の親子連れがいたんですが、、、同じ日本人としてちょって恥ずかしかったです。風が吹いて危険なこともあるのに。。

もちろん、私たちも記念撮影はさせていただきましたが、ペレに敬意を払い彼女のパワーを感じとってくださいね。

ペレの椅子への詳しい行き方

私たちはもちろん車も持ってないし、車の運転にも自信がない、、
そもそも私は免許ないしー^^;

クヒオ通りから23番バスに乗って行くことにしました。

ザ・バスを利用の場合おすすめは23番バス

23番か22番のバスに乗車し、50分〜1時間ほど。
片道$2.75 往復$5.5 。
1日乗り放題のワンデーパスが$5.5。


なので乗る際に運転手さんに ”ワンデーパス”と伝えてチケットを購入してくださいね。
※お釣りは出ないのでくれぐれもお釣りの無いよう小銭を用意すること!

最寄りバス停はないので、
手前のハワイ カイゴルフクラブで下車、バスの電光掲示板はKalanianaole Hwy + Opp Hawaii Kai Go
もしくはもうひとつ先の終点シーライフパークで下車、Hawaii Kai – Sea Life Park
いづれどっちで降りてもマカプウトレイルの入り口まで約1キロちょっと歩きます^^;
この辺りはワイキキと違ってクルマビュンビュンとばしてるのでくれぐれも注意してください

どちらでも乗り換えなしでいけますが、
22番はカラカウア通り〜カハラ・ハナウマベイを経由するビーチバスと呼ばれ混雑することが多いですね。
満員で乗れないこともあるので始発のバス停(オロハナストリート、ゲートウエイホテル東側)まで行くことをお勧めします。
しかし、火曜日はハナウマベイが休園で停車しないため比較的空いているかもしれません。
22番バス時刻表はこちら

23番はアラモアナから出発しクヒオ通り〜カハラ〜ハワイカイを経由。
23番バス時刻表はこちら

22番23番バスルートマップはこちら

ハワイカイゴルフクラブでバスを降りたら、バス通りを進行方向にてくてく歩くこと約10分、右手にマカプウトレイル(KAIWI SHORELINE)入口の看板が見えて来ます。


近づくとこんな感じ

ここで曲がって進んで行くと入口が見えて来ます。
海側にペレの椅子も小さく見えてますよ。

レンタカーを利用する

レンタカーを利用する場合はワイキキからカパフルAve.を北に進みH1(高速道路)にのり、高速終了後(そのまま自動で一般道になる)72号線をドライブ!
入口はバスできた時と一緒です。
マカプウトレイルの入り口近くに無料の駐車場あり。

車を止めたら、入口はすぐです。

ここで注意点!ペレの椅子周辺にはアレが無い!

マカプウトレイル最寄りのバス停がないのはわかりましたが、、、

実はマカプウトレイルもペレの椅子にもトイレが無い!
こんなに有名で観光客やロコが訪れるにも関わらず、駐車場にもどこにもトイレがない!!

1時間近く冷房のかなーり効いたバスに揺られ、こ1時間トレッキングして帰りにまた1時間近くバスに揺られる、、

途中汗を書くとは行っても、、ねぇ。。

そんな時はハワイカイゴルフクラブのレストランでお食事をしてトイレもちゃっかり借りちゃいましょう^^

それでも
歩道もないビュンビュン飛ばす車の横を歩くのもどうなのーっ
危なくて家族で来れないじゃん!

そう思いますよね?

でも安心してください!

 

スポンサーリンク




 

歩道もないガードレールや崖沿いを歩くのはちょっと怖い!

実は便利なツアーがありました。

現地のオプショナルツアーを利用すれば、ホテルまでシャトルバスがピックアップしてくれ、
ペレの椅子の他にも潮吹き岩やマカプウトレイルハイキングのついたツアーが。

中には有名店でパンケーキの朝食とロコモコのランチまでつくという素敵なツアーも!

 

ちょっと値段は高くつくけど、家族づれにはいいかも!

ペレの椅子へ行くときの注意点や持ち物など

  • マナに敬意を払うことを忘れないこと
  • 持ち物は汗拭きタオルとお水のボトルを持って行こう
  • ゴロゴロの砂利道がほとんどなのでスニーカーで行くのがおすすめ
  • クイーンズビーチであらかじめ遊ぶ予定なら水着、タオル、ビーチサンダルを持って行ってね
  • トイレがないので出かける前に済ませること

あとは、、

  • さーっと雨が降ることもあるので100均で売ってるような薄いカッパも持って行くと便利かも!

いかかでしたか?
実際に行ってみて思ったのは、
行くのに時間かかるし、ちょっとドキドキなこともありましたが、ペレからたくさんのパワーをもらって本当に来て良かったーーというのが率直な感想です。

ペレの椅子から見える絶景にはもうほんと感動したし、これがハワイだ!って身体中で感じました。

次は元旦に初日の出見に行きたいなって今から計画しています。
行ったらまたレポしますね^^

こちらのパワースポットもおすすめだよ〜♪

では、また

マハロ🍹

スポンサーリンク