斎藤工主演映画「家族のレシピ」日本未公開がアツい!松田聖子共演の美食シネマ!

ハワイ旅行

アローハ🤙

ハワイ大好きなRayです♪

前回の斎藤工さんの映画つながりで、2019年3月公開予定の話題作「家族のレシピ」
こちらもすごいアツいですよね。

日本未公開なだけで、国際映画祭などに正式招待され”美食シネマ”として大絶賛されています。
斎藤工さんは俳優としても監督としても最も注目の俳優さんでしょう。

 

スポンサーリンク




原題「Ramen Teh」シンガポール・日本・フランスの3ヶ国合作

この映画は2016年シンガポールと日本の外交関係樹立50周年を機に両国を題材としたこれまでにない作品をと企画されたヒューマンドラマで、日本のラーメンとシンガポールのソウルフード、バクテー(肉骨茶)がつなぐ家族愛が描かれています。

斎藤工が演じる真人は高崎で父、叔父とラーメン店を営んでいた。ある日一緒に働いていた父が突然倒れ帰らぬ人となってしまう。父の死に際し、真人が10歳の時に他界したシンガポール人の母・メイリアンの思い出が詰まった赤いノートに記された日記を見つけ、両親が歩んできた道をたどるようにシンガポールへ渡る。

現地で出会ったシンガポール在住日本人フードブロガーの美樹(松田聖子)のサポートを受けながら、おじのウィー、祖母マダム・リーとの出会いを果たし、家族の物語とも言える父と母のせつない愛の秘話を伝えられる。

そして一度はバラバラになってしまった家族の絆を取り戻すためにマダム・リーとともにキッチンに立ち、自分たちの壊れた心を救うような料理を完成させていくというお話で、まさに「家族のレシピ」といえそうです。

「家族のレシピ」とタイトルがついていますが、もともとのタイトルは「Ramen Teh」ラーメンxバクテーの造語です。2018年の3月にシンガポールにて公開されました。

監督:シンガポール映画界の巨匠、エリック・クー氏。
カンヌ・ヴェネチア、トロント、ベルリンなどの国際映画祭で常に高い評価を得ている。

キャストには
主演:
斎藤工(主人公 真人)

共演:
松田聖子(シンガポールのフードブロガー 美樹)
マーク・リー(母の弟 ウィー)
ジネット・アウ(母 メイリアン)
伊原剛志(父 和夫)
別所哲也(父の弟 明男)
ビートリス・チャン(祖母 マダム・リー)

ベルリン国際映画祭で”美食シネマ”として大絶賛!


https://songfa.com.sg

世界のグルメ愛好家が注目!


今にもスクリーンから湯気や香りが漂ってきそうなラーメンにバクテー、チキンライス、チリクラブ、フィッシュヘッドカレー……。実力派スタッフ・キャストが織りなすヒューマンドラマに加えて、各シーンを彩る日本とシンガポールの食も本作の大きな見どころだ。中でも豚の骨付きあばら肉をニンニクや胡椒とともにじっくり長時間煮込んだバクテーは、中国系シンガポール人の発展を支えてきたその歴史的背景も相まって、観る人誰しもの胃袋を掴んで離さないはず。
近年、ベルリンやサン・セバスチャンといった国際映画祭で食をテーマにした秀作を扱う「キュリナリー・シネマ」部門が話題を呼んでいるが、本作はその両方に招待され、食事会付き上映のチケットは人気で即日完売するほどの盛況ぶりを見せた。『二郎は鮨の夢を見る』『エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン』などに続く美食シネマとして、世界の注目を浴びている。家族のレシピのオフィシャルサイト

両国のソウルフードであるラーメンと肉骨茶(バクテー)が物語のキーワードとなることから、この日のディナーでも肉骨茶スープ、たまご麺とビーフンの2種類の麺を使ったシーフード・ヌードル、さらに同国名物チキン・ライスも提供された。

スペイン北東部の“世界一の美食の街”で開催される、第66回サン・セバスチャン国際映画祭(現地時間9月21~29日開催)では、食がテーマの秀逸な作品を特集する「キュリナリー・シネマ部門」に正式招待。同23日には食事つき上映会が実施された(上映後には映画にちなんだ料理を味わうディナーが催される)

日本人移住者が多いシンガポールへ行ってみたくなりますよね。
みんなが虜になるバクテーも食べて見たいし^^

【JTB】最安値ツアーもかんたん検索!アジア特集をチェック

松田聖子さん共演もミラクル!

画像出典:シネマトゥデイ

私はいちばん最初にこの映画のことを友人から聴いてネットで調べた時、ポスター画像に松田聖子ちゃんが本当に写っていたことに驚きました。

大スター、エンタティナーであり日本の歌姫の代表・松田聖子ちゃんが、合作とはいえシンガポールの映画に✨
シンガポールで実際にこの映画を見た友人は”とても自然な感じで演技しているという感がなくその場(シンガポール)に溶け込んでいた”と教えてくれました。

さすが、日本の大スターですよね。歌はもちろんのこと国際映画にも出演されて演技も絶賛される力量にはさすが!我らが聖子ちゃん!

エリック・クー氏がオファー

昔からファンだった憧れの松田が今作に出演している。その経緯については、「実は、僕が手掛けたアニメ『TATSUMI マンガに革命を起こした男』を製作したときに、プロデューサーが『松田聖子さんを知っている』と言ってきたんだ。そのプロデューサーに『彼女に会ってみたい』と伝えたけれど、数年たっても会えなかったんだ。だから、今作を日本で製作できるとわかったときに、プロデューサーに『松田聖子さんに出演してもらえないか?』と尋ねてみたんだ。彼女は僕の脚本を気に入ってくれて、その後彼女とSkypeで話し合いをしたよ」とクー監督。撮影1週間前にようやく彼女に会えたときには感激したそうだ。(取材・文・細木信宏/Nobuhiro Hosoki)シネマトゥディ

そして、松田聖子ちゃんもコメントをされています。

エリック・クー監督が偉大な映画監督であることは言うまでもありませんが、人としても素晴らしい方です。常に私たちを気にかけてくださいました。その繊細なお心遣いがとても嬉しかったです。撮影中、監督はよく即興的なアイデアを提案されましたが、私たちが賛同できる素晴らしいものでした。ですから私も不安を感じることなく、演技をすることができました。とても勉強になりましたし、素晴らしい経験ができました。
家族のレシピオフィシャルサイト

いよいよよ日本公開!

偶然にも!
今日、11月1日は東京国際映画祭が開催され、この「家族のレシピ」が上映されました。
おそらくは、エリック・クー監督と斎藤工さんが登壇されたのではと思われますが。

年内に日本公開か?との噂もありましたが、正式に公開について発表され、

日本公開は2019年3月9日(土)から
シネマート新宿ほか、全国順次ロードショーにて。

公開が楽しみですね♪

 

斎藤工が監督のこちらもチェックしてね!ハワイ映画祭期待してます💙

ハワイ国際映画祭2018開催!齊藤工初監督blank13が受賞!?どんな作品?

マハロ🌺

 


スポンサーリンク